こんにちは、ゲスト様
  1. 店舗検索
  2. 初めての方へ
  3. ご利用ガイド
  4. お問い合わせ
  5. カート

商品を探す

人気のキーワード

カテゴリー

ランキング

閲覧履歴

2021.10.29

ワイシャツの生地の選び方は?素材や織り方、糸の種類まで解説

ワイシャツの生地の選び方は?素材や織り方、糸の種類まで解説
ワイシャツの生地の選び方は?素材や織り方、糸の種類まで解説

素材や織り方によって、肌ざわりや見栄えが変わるワイシャツ生地。

「生地によって何がどう変わるの?」と気になっている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ワイシャツの生地の選び方について詳しくご紹介します。生地の素材や織り方を知れば、さまざまなシーンに合わせてふさわしい着こなしができるでしょう。

代表的なワイシャツ生地の素材

代表的なワイシャツ生地の素材

まずは一般的に普及しているワイシャツの生地についてご紹介します。機能性や肌ざわりの違いを理解することで、自分に合った素材の生地を選ぶことができます。

柔らかな肌ざわりの「綿(コットン)」

ワイシャツ生地の素材としてもっとも普及しているのが綿。シャツだけでなく下着にも使用されている綿は、肌ざわりが良くなめらかな風合いが特徴です。

また、見た目の印象としてはツヤや光沢から感じられる上品さ・高級感が挙げられます。

通気性に優れた「麻」

ワイシャツの生地としては綿とミックスして使われることが多い麻。綿にくらべてザラザラとした肌ざわりが特徴です。また、通気性が良く吸水速乾性にも優れています。汗をすぐに吸収してくれるので、暑い夏でも快適に着用できるのが大きなメリットと言えるでしょう。

見た目の印象としては、麻特有のザックリとした質感がややカジュアルに映ることもあるでしょう。そのため、フォーマルなスタイルよりもジャケパンなどのラフなコーデにおすすめな生地とされています。

シワになりにくく乾きやすい「ポリエステル」

ポリエステル生地のワイシャツは、シワがつきにくく乾きやすいのが特徴です。そのため、ワイシャツをアイロンがけする際、あまり手間がかからないことが大きなメリットとされています。

ポリエステルは、シワになりにくい生地を作るために綿とミックスして使用されることがほとんどです。ワイシャツを探すときは、綿との割合を確認して適切な比率のものを選ぶとよいでしょう。

印象に差が出るおすすめの織り方

印象に差が出るおすすめの織り方

ワイシャツの織り方にはたくさんの種類があります。ここではとくに、着こなしに差がつくおすすめの織り方をご紹介します。

ビジネススタイルの定番「ブロード」

ほどよい光沢感が魅力のブロードは、ビジネスシーンの定番生地とされています。糸が細くなるほど光沢が増し、滑らかな肌ざわりになっていくのが特徴です。

フォーマルなシーンでは光沢感が強い上品なブロードシャツがおすすめ。カジュアルさが欲しいシーンでは、光沢感をおさえた糸の太いブロード生地を選ぶとよいでしょう。

カジュアルな印象の「オックスフォード」

ブロードと並んでスタンダードな織り方のオックスフォード。はっきりとした織り目がカジュアルな印象を与え、スポーティーな見た目に映るとされています。

生地が厚手でシワになりにくいため、アクティブなビジネスパーソンにおすすめの織り方です。

ドレッシーな印象の「ドビー」

光の加減によって生地の模様が浮き上がって見えるドビー。さまざまな種類の模様が存在するため、自分好みのデザインを選んで個性をアピールすることもできるでしょう。

一般的な生地に比べてドレッシーな見た目が、さりげなくお洒落な印象を与えてくれる織り方です。

光沢が魅力的な「ツイル」

糸が交差する部分が少ないため、適度に光沢感が出るツイル。生地が厚手なので透けにくいのが特徴とされています。また、シワになりにくく肌ざわりがよいため、機能性に優れた生地でもあります。

ツイル生地のワイシャツはフォーマルからカジュアルなシーンまで使いやすいため、1着持っておいても損はないでしょう。

糸の種類で変わる見た目と肌ざわり

糸の種類で変わる見た目と肌ざわり

ワイシャツの生地は、同じ素材や織り方でも「糸の種類」によって見え方や着心地が異なります。それでは、ワイシャツにこだわりたい人なら知っておきたい糸の種類についてご紹介します。

見た目の印象を変える「番手」

番手とは、糸の太さを表す単位のことです。番手の数字が大きいほど糸は細くなり、数字が小さいほど糸は太くなります。

一般的なワイシャツでは、厚くて透けにくい生地を作ることができる40~120番手の太い糸が使われています。一方、120~150番手の細い糸は柔らかく光沢感を生むため、よりフォーマルなワイシャツの生地に使用されることがほとんどです。

見た目や着心地にこだわりたい方は、番手の数字も確認してみるとよいでしょう。/p>

肌ざわりが異なる「単糸と双糸」

ワイシャツは生地によって、単糸と双糸という糸のどちらかが使われています。双糸のほうが単糸よりもきめ細やかで、肌ざわりが良いのが特徴です。

単糸は糸を1本だけ使用した織り方で、多くの場合太い糸で作られる生地で使用されます。一方、双糸は2本の糸を使った織り方で、細い糸で作られる生地で使用されることが多いとされています。

より上質な肌ざわりが欲しい方は、双糸の生地を選ぶとよいでしょう。

デザイン豊富だからどんなシーンにも合わせやすい、完全ノーアイロンのアイシャツ!
デザイン豊富だからどんなシーンにも合わせやすい、完全ノーアイロンのアイシャツ!
【アイシャツ特集ページを見る】

まとめ

今回は、生地の素材や織り方を中心にワイシャツ生地の選び方についてご紹介しました。

細かな見栄えや着心地までこだわりたい方は、糸の太さや種類にも目を向けて、自分好みのワイシャツを見つけてみてはいかがでしょうか。

もっと知りたい!続けて読む

オーダーシャツと既製シャツの違いは?メリットとデメリットを解説 オーダーシャツと既製シャツの違いは?メリットとデメリットを解説 こちらの記事では、オーダーシャツと既製シャツの違いをメリット・デメリットと合わせて解説しています。

コラム一覧へ
OFFICIAL SNS
  • instagram
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • YouTube

はるやまについてABOUT US

オンラインストアの特長ONLINE STORE FEATURES