こんにちは、ゲスト様
  1. 初めての方へ
  2. ご利用ガイド
  3. お問い合わせ
2021.08.26

ビジネスシーンに適したセーターの選び方は?ワイシャツとの組み合わせもご紹介

ビジネスシーンに適したセーターの選び方は?ワイシャツとの組み合わせもご紹介
ビジネスシーンに適したセーターの選び方は?ワイシャツとの組み合わせもご紹介

秋冬になると、職場でもセーターを着るシーンが増えてくると思います。しかし、ひとくちにセーターといっても素材からネックラインまで種類は様々。

実際のところ、「ビジネスシーンではどんなセーターなら大丈夫なの?」といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、これさえ押さえておけばバッチリなビジネスシーンに適したセーターの選び方を解説しています。

さらに、「ワイシャツとセーターはどう組み合わせればいいの?」と思った方に向けて、ワイシャツとセーターのおすすめコーデも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ビジネスシーンに適したセーター選びのポイント

ビジネスシーンに適したセーター選びのポイント

一般的なビジネスシーンでは、あまり派手ではなく落ち着いた印象のセーターがベストとされています。

しかし最近では、ビジネスマンとしての品格を残しつつも、適度に柔らかさを演出する「ビジネスカジュアル」なスタイルも注目されています。

ここでは、これさえ押さえておけばどんなビジネスシーンにも応用できるセーター選びのポイントを解説します。

フラットな表面の編み方を選ぶ

セーターの編み方としては、主にリブ、ケーブル、天竺、ワッフルという編み方がメジャーです。

とくにビジネスシーンでは、フラットな表面の天竺(てんじく)編みのセーターをおすすめします。天竺編みとは、凹凸のない編み方である平編みの別称で、基本的な編み方の一つです。

表面にはタテ方向の筋が見え、裏面はやや粗く見えるのが特長です。生地は薄く、ヨコ方向の伸縮性にも優れているため、着心地が良いという点でもビジネスシーンには適しているでしょう。

派手すぎない色や柄を選ぶ

基本的にビジネスシーンでは、派手に目立たないスマートさが重視されます。そのため、セーターのデザインは柄物ではなく、無地を選ぶようにしましょう。

そして、少しカジュアル感を出したい場合は、色を工夫してみるとよいです。

例えば、明るく親しみやすい印象を与えたい場合は暖色系。スマートで知的な印象を与えたい場合は、寒色系のセーターを選ぶのがおすすめです。

総じて、柄は無地で、色はグレーやネイビーなどの派手すぎないものを選んでおけば問題ありません。

生地の素材は薄手のウールがおすすめ

セーターの着心地を左右する生地の素材。中には、「チクチクする肌ざわりが苦手」という方も多いと思います。

生地の素材は、仕事のパフォーマンスに影響する重要な要素なので、必ずチェックするようにしましょう。

結論からすると、ビジネスシーンでは薄手のウールかカシミヤ生地のセーターがおすすめです。

生地の素材には様々な種類がありますが、羊毛であるウールがセーターの中でも最もベーシックな素材とされています。

ウールは保湿性に優れていて暖かいのが特長ですが、品質が悪いものは肌触りがチクチクするものもあるため注意が必要です。

しかしその点、極上の肌ざわりを誇るカシミヤ生地のセーターを選んでおけば間違いありません。

少し高価で耐久性が低いというデメリットはあるものの、長く使うことを考えれば持っておいて損はないでしょう。

ネックラインはシーンに合わせて選ぶ

セーターのネックラインは、主にクルーネックとVネックに分かれ、他にもタートルネックやハイネックなどがあります。

そして、ビジネスシーンにおいてはクルーネックかVネックが基本です。とくに、Vネックはシャープな印象を与えてくれるので、ビジネス向きだと言えるでしょう。

よりカジュアル感を強めたい場合は、クルーネックがおすすめです。曲線的なラインが親しみやすい印象を演出してくれます。

どんなネックラインにするかは、職場や出先のシーンごとに合わせて選んでみてください。

ワイシャツはセーターのネックラインで選ぶ

ワイシャツはセーターのネックラインで選ぶ

ビジネスシーンでは、セーターを単体で着るよりもインナーにワイシャツを合わせて着ることが多いと思います。

ワイシャツとセーターの重ね着コーデは、ほどよくビジネスカジュアル感を出せるだけでなく、暑くなったときにセーターを脱ぐなどして体温調節もできるのでとても便利です。

そこでここでは、定番とされているワイシャツとセーターの組み合わせをご紹介します。

クルーネックとワイドカラーで親しみと清潔感を両立

クルーネックは丸く開いた首元が親しみやすい印象を与えてくれます。

そんなクルーネックには、襟元がすっきりとした印象のセミワイドやワイドカラーシャツとの重ね着がおすすめ。

柔らかいイメージも感じさせながら、ビジネスマンらしさもアピールできるおすすめコーデです。

Vネックとボタンダウンでほどよくカジュアルに

Vネックの胸元は少し寂しい印象を感じることがあります。

そこで、襟にボタンがついたボタンダウンシャツを重ね着すると、ほどよくアクセントを加えることができます。

フォーマル感を残しつつも少し個性を出したい、そんなビジネスカジュアルなシーンで使えるコーデです。

デザイン豊富だからどんなビジネスシーンにも合わせやすい!完全ノーアイロンのアイシャツ!
デザイン豊富だからどんなビジネスシーンにも合わせやすい!完全ノーアイロンのアイシャツ!
【アイシャツ特集ページを見る】

まとめ

今回は、ビジネスシーンに適したセーターの選び方やセーターとワイシャツのコーデについてご紹介しました。

ビジネスシーン以外でもセーターが活躍する場面は多くありますので、今回ご紹介したセーターの選び方を参考に、ぜひ自分にあったものを探してみてください。

もっと知りたい!続けて読む

ワイシャツのインナーはなぜ必要?透けないための選び方【メンズ】 ワイシャツのインナーはなぜ必要?透けないための選び方【メンズ】 こちらの記事では、ワイシャツのインナーの必要性について解説しています。

コラム一覧へ
OFFICIAL SNS
  • instagram
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • YouTube

はるやまについてABOUT US

オンラインストアの特長ONLINE STORE FEATURES