2018.03.16

だれでもカッコ良くなる魔法の服……スーツ!着こなすコツ教えます!

会社の先輩や同僚がかっこよくスーツを決めている中、自分だけ格好が決まっていない、と感じたことはありませんか?

特に社会人2、3年目には、誰しもがこんな悩みを抱えるものです。

今回はそのような悩みを抱えている方に向けて、「かっこよくスーツを着こなすコツ」をご紹介していきましょう。

「簡単にかっこよく着こなすコツがあればいいのに……」と思っているのは、あなただけではないのでご安心を!

コツさえ掴めばもう怖くないはずです!

コツ伝授! おしゃれにスーツを着こなすためのポイントとは

スーツをおしゃれに着こなすためにはいくつかのポイントがあります。

メンズパンツの裾幅やネクタイ・ワイシャツの色は印象を大きく左右する要素。

レディースの場合も、スカートの丈や、ワイシャツの種類は必ず意識しておきたいポイントです。

着こなしのコツを押さえて、男性も女性も上手なコーディネートを目指しましょう!

スーツスタイルの最重要ポイント! 体に合ったサイズを選ぼう

スーツを着こなすうえでもっとも大切なのは、体形に合ったサイズのスーツを選ぶこと。

ジャケットの着丈は、ヒップが見え隠れするくらいの長さを目安に合わせます。

「ダサい」と思われてしまう一番の原因は、パンツの裾幅が大きすぎてダボダボになってしまうこと。屈伸をしたときに、適度なゆとりがある程度のサイズを選びましょう。

また、ビジネススーツでは、短すぎるパンツ丈もNGです。

長すぎてもラインが崩れてかっこ悪く見えるので、きちんと試着をしてジャストサイズを選びましょう。

膝まわりがフィットしていて、動きやすく脚長に見せるタイトなスーツもありますので、サイズ感を大切にしつつ機能性に優れたスーツを選ぶのも良いです。

スーツの色は派手すぎず、地味すぎないのがおしゃれのコツ

ビジネスシーンでは、基本的にダーク系のカラーが好まれます。

一方で、単調で暗い色であればあるほど、おしゃれから遠のいてしまうということも。

そのため、TPOに合わせて、派手すぎず地味すぎないカラー選びが着こなしのポイントです。

男性の定番グレースーツ! 色味の違いでニュアンスに差をつける

中間色ならではの合わせやすさで、定番カラーともいえるグレー。

明るめのライトグレーやトーンを抑えたチャコールグレーなど、色味に幅があるのも特徴です。

どう見せたいかやTPOに合わせて、その日に合った色味を選びましょう。

明るいグレーは、フレッシュさや涼しさを感じさせてくれる装いに。

暗めのチャコールグレーは、ストライプ柄のあるスーツにすることで、地味になりすぎずニュアンスを楽しめます。

王道カラー! 男性のネイビースーツは統一感のある組み合わせに

どんな場面でも好印象を出せるネイビーは、王道カラーともいえます。

シャツ・ネクタイも同系色でまとめると、初心者の方でも簡単に統一感のあるスタイルに仕上げられます。

落ち着いたカラーなので、柄物のネクタイやシャツと合わせても、派手になりすぎず清潔感のあるコーディネートに。

少しスリムなシルエットを選ぶと、スタイリッシュで洗練されたイメージにしてくれます。

グレーで女性らしい華やかさを! 定番のグレースーツスタイル

明るく華やかさのあるグレーは、女性らしいスーツスタイルに仕上げてくれる有能アイテム。

トーンを落としたチャコールグレーなら、カジュアルになりすぎません。

定番の白や薄いブルーのシャツを合わせて、清潔感のあるコーディネートに仕上げましょう。

フリルやリボン付きのブラウスとも相性が良いので、バリエーションの幅を広げられそうです。

女性の強い味方ネイビー! インナーを変えておしゃれに着こなそう

女性にとっても、ネイビースーツは着回し力抜群です。

上品な印象にしてくれるカラーなので、ストライプシャツや色つきのブラウスなど、インナーに色柄物を合わせてもカジュアルになりすぎず、きちんと感のあるおしゃれができます。

ワイシャツは白が基準! 「清潔感」をアピールしよう

ジャケットを着ていると見える領域は少なく感じますが、ワイシャツも意外に見られているアイテムのひとつ。

清潔感が重視されるビジネスシーンでは、シャツの色はどんな場面でも失敗がない白や薄いブルーを基準にしましょう。

スーツと同様に、サイズ感もうまく着こなすための重要なポイント。

首回りは余裕を持たせず、ピッタリとしたサイズにする方がVゾーンの印象がスマートになります。

また、袖丈はジャケットから1~2cm見えているくらいがベスト。肩幅が大きすぎるとだらしない印象になってしまうため、自分の肩幅に合ったサイズと生地を選びましょう。

ストライプは、柄が濃いとカジュアルすぎてしまうことがあるので、薄めのアイテムが無難でおすすめです。

ネクタイ選びでスタイルが変わる! 組み合わせのコツ

スーツファッションにメリハリをつけるポイントになるのが、ネクタイ。

選ぶときは着用シーンをイメージして、ワイシャツの色に合わせて選ぶのが組み合わせのコツです。

ネクタイ幅は、スーツの下襟の幅と合わせて選ぶとチグハグなイメージになりません。コツを押さえつつ、個性を出しましょう。

1本は準備しよう! 使い回し力抜群のネイビーネクタイ

ネイビーは、定番の白いシャツに相性が良い色です。

ドットや小紋柄などの柄つきのネクタイを選んでも、上品で綺麗に見せてくれます。

また、同系色のブルーのシャツと合わせると統一感あるスタイリッシュな着こなしになるでしょう。

やる気をアピール! エンジネクタイで華やかに

グレーのネクタイも、白いシャツやグレースーツに合わせやすくチョイスしやすいアイテムのひとつです。

レジメンタルやチェック柄を選べば、派手になりすぎず大人っぽいおしゃれを楽しめます。

おしゃれ度アップ! グレーの柄ネクタイで爽やかにアピール

ネイビーは、定番の白いシャツに相性が良い色です。

ドットや小紋柄などの柄つきのネクタイを選んでも、上品で綺麗に見せてくれます。

また、同系色のブルーのシャツと合わせると統一感あるスタイリッシュな着こなしになるでしょう。

1本あると便利! 柄物スーツに合わせやすい無地ネクタイ

柄物のネクタイが主流ですが、フォーマルに決まる無地ネクタイは、1本は持っておきたいアイテム。

カジュアルなイメージになりがちな柄物スーツも、無地ネクタイと合わせればバランスの良い仕上がりになります。

1本は準備しよう! 使い回し力抜群のネイビーネクタイ

ネイビーは、定番の白いシャツに相性が良い色です。

ドットや小紋柄などの柄つきのネクタイを選んでも、上品で綺麗に見せてくれます。

また、同系色のブルーのシャツと合わせると統一感あるスタイリッシュな着こなしになるでしょう。

気を抜かないで! 靴・バッグ・ベルトも重要なおしゃれポイント

営業先や異性が見るポイントは、スーツだけではありません。

靴やバッグ、ベルトなど、一つひとつのアイテムも見られているので、気を抜かぬよう注意しましょう。

小物の色はスーツとは合わせず、小物同士で統一するのがおしゃれなスタイルのコツです。

おしゃれの基本は靴から! スタイル力をアップさせる革靴選び

ファッションは足元からというように、上手な着こなしのために外せないポイントのひとつが革靴。

春夏秋冬すべてのシーズンで履くものであり、重要度の高いアイテムです。

毎日続けて履くものなので、清潔感を保つことも大切。最低でも2足、余裕があれば3~5足は準備しておきたいところです。

シンプルな装いが多いスーツスタイルで、特におすすめなのがネイビーの革靴。

定番のネイビースーツを始め、グレーやブラック系のスーツとも相性が良くスタイリッシュに決まるので、おしゃれ上級者を目指す方は、ぜひひとつは持っておきたいアイテムです。

他の小物と合わせやすいブラウン系も、使い回しやすいカラーの一つです。

1足は持っておくと便利でしょう。

チグハグなスタイルは卒業! ベルト選びは「統一感」がポイント

いくらスーツが決まっていても、ベルトが合っていないとチグハグな印象になってしまいます。

スーツと合わせて必ず使うベルトは、スーツと同じ数だけ用意しておきましょう。

統一感を出すために、靴や鞄と合わせた色を選ぶのがポイント。

カラーは黒やブラウン、暗めのネイビーを基本に、デザインはシンプルなものがベストです。

素材は、見た目もかっこよく耐久性にも優れた革素材を選ぶのが良いでしょう。

フォーマルに決めたいスーツスタイルでは、ベルト幅をスタンダード(3~3.5cm)なものがおすすめです。

チグハグなスタイルは卒業! ベルト選びは「統一感」がポイント

いくらスーツが決まっていても、ベルトが合っていないとチグハグな印象になってしまいます。

スーツと合わせて必ず使うベルトは、スーツと同じ数だけ用意しておきましょう。

統一感を出すために、靴や鞄と合わせた色を選ぶのがポイント。

カラーは黒やブラウン、暗めのネイビーを基本に、デザインはシンプルなものがベストです。

素材は、見た目もかっこよく耐久性にも優れた革素材を選ぶのが良いでしょう。

フォーマルに決めたいスーツスタイルでは、ベルト幅をスタンダード(3~3.5cm)なものがおすすめです。

ビジネスマンの必須アイテム! カッコよく決まるバッグ選びのコツ

スーツと合わせて持つバッグは、ビジネスマンの必須アイテム。

スーツにかっこよく決まるバッグ選びのポイントを押さえておきましょう。

ビジネスシーンで一番使い勝手が良い黒は、どの色のスーツとも相性の良い、失敗のないカラーといえます。

フォーマル感の出せるネイビーもおすすめのカラーですが、合わせるスーツには要注意。

ブラウンは、カジュアルなイメージになってしまうのでフォーマルな場ではやや不向きです。

同系色のネイビースーツと組み合わせて、統一感のあるスタイルに仕上げましょう。

最近はリュックタイプの通勤用バッグも増えていますが、ポケットが多いものはスーツに合わなくなるため、ビジネスにはあまり向いていません。

コツ伝授! おしゃれにスーツを着こなすためのポイントとは

スーツをおしゃれに着こなすためにはいくつかのポイントがあります。

メンズパンツの裾幅やネクタイ・ワイシャツの色は印象を大きく左右する要素。

レディースの場合も、スカートの丈や、ワイシャツの種類は必ず意識しておきたいポイントです。

着こなしのコツを押さえて、男性も女性も上手なコーディネートを目指しましょう!

RELATED NEWS 関連お知らせ

お知らせ一覧へ

スーツ・ビジネススーツ・紳士服のはるやま【公式通販】トップ