2018.02.22

汚れもシワもおうちできれい!ワイシャツの上手な洗い方とは?

毎日ワイシャツを着る方も多いのではないでしょうか?

クリーニングに出さず、自宅できれいに仕上げたいけれどなかなか……とお悩みの方も多いはず。

今回はそんな方へ、ワイシャツの上手な洗い方をご紹介します。

自宅で洗えるワイシャツ。「形態安定シャツ」ならお手入れ簡単

ワイシャツは自分の印象を左右する重要なアイテム。ところが、おうちでケアすると、しっかり汚れが落ちなかったりシワが目立ってしまったり、うまく仕上がらない……と悩んでいる方も多いようです。

きれいに仕上げるためには、素材に合った洗剤や洗い方を選ぶことが大切。シャツについている取扱い絵表示を確認して、それぞれに適した方法で洗濯しましょう。自宅で洗うのであれば、お手入れが簡単な「形態安定シャツ」がおすすめです。

家事が苦手な人でも安心!形態安定シャツなら洗濯機で洗える

形態安定シャツは、特殊な薬品やスチームを利用し、シワができにくい加工をしたシャツのこと。特別なケアをしなくても、自宅できれいに仕上げることができるので、洗濯に手間をかけたくないという方やアイロンが苦手な方におすすめです。

ハンガーに干しておくだけでシワが伸びるので、アイロンの必要もありません。綿とポリエステルの混紡のワイシャツなら、洗濯後の乾きも早く、くたびれた印象になりやすい襟や袖口などもしっかり形状を保ってくれます。

自宅で洗う?クリーニング?取扱い絵表示をチェックしよう

綿や麻・ポリエステル素材のワイシャツは、ほとんどが家庭で洗濯できます。しかし、高級ブランドや特殊な素材が使われているワイシャツのなかには、水洗いができないものや家庭の洗濯機で洗えないものがあるので要注意。洗濯をする前に取扱い絵表示をチェックして、家庭で洗濯できるかを確認してみましょう。

取扱い絵表示に、洗濯おけにバツが付いているマークがあったら、それは水洗いができないもの。無理に自分で洗うより、クリーニングに出すほうが安心です。

洗濯おけに手が差し込まれているマークは、「手洗い」の表示です。手洗いで優しく洗うのが一番ですが、面倒な方は洗濯機のドライコースを使うと良いです。
※ドライコースは弱い水流を使い、脱水時間を短めに設定したコースのこと。

そして洗濯おけの下にラインが引いてあったら「弱」の表示です。それぞれの操作を弱めに設定して洗濯しましょう。

このほか、丸印で示されているドライクリーニングやウエットクリーニングのマークは、それぞれのクリーニングが「できる」という意味です。表示の方法以外でも洗うことはできるので、他の洗濯表示と組み合わせてクリーニングにするか、自宅で洗濯するか決めるとよいでしょう。

ひと手間で全然違う!洗濯機へ入れる前に準備をしよう

ワイシャツを洗うとき、特に気になるのが首回りや袖の皮脂汚れ。洗濯機で洗うだけでは、しっかり落とすのが難しいですよね。皮脂汚れは洗濯機に入れる前のひと手間で洗い上がりを大きく変えることができます。

なかなか落ちない皮脂汚れには、洗濯前に部分洗い用洗剤を塗り込んでおきましょう。食べこぼしや汗などのシミには色素を分解してくれる漂白剤が便利です。素材によっては漂白剤が使用できないものもあるので、必ず取扱い絵表示を確かめておいてください。

また、家庭での洗濯でワイシャツにシワが目立ってしまうのは、他の衣類と擦れて生地が傷んでしまうからです。洗濯機で洗うときには傷みを防ぐために洗濯ネットが必須。100円ショップでも手軽に購入できるので、準備しておきましょう。

しぶとい皮脂汚れを撃退!襟や袖には部分洗い用洗剤が便利

肌に直接触れる襟や袖などは、普通の洗濯ではなかなか落ちない「皮脂汚れ」が付きやすい場所です。部分洗い用洗剤には皮脂を分解する酵素が含まれているので、襟や袖の黄ばみや黒ずみを効果的に落とすことができます。
スプレータイプの洗剤なら、簡単に吹き付けることができてとても便利。洗濯機で洗う前に、気になるところへ部分洗い用洗剤を塗り込み、5分ほど置いておくと汚れが落ちやすくなります。
汚れが頑固なときには、手で軽くもみ洗いしておくとよいでしょう。それでも落ちない場合は使わなくなった歯ブラシで軽くこすってみましょう。

洗濯ネットは必須!ワイシャツ1枚にネット1つが基本!

洗濯中や脱水中に、他の衣類と絡まったり擦れたりしてしまうと生地を傷めてシワの原因になってしまいます。

シワを防ぐためにも洗濯用ネットは、ワイシャツ1枚ごとにネットを用意していきましょう。網目の細かいネットだと、シワが付きにくいのでおすすめです。

ただし、網目の細かいネットは汚れが落ちづらいことがあるため、しっかりと汚れを落としたいときは網目の大きいネットを使いましょう。
洗濯ネットがない、足りないという場合には洗うときにボタンをかけておくとシワを抑えることができます。

柔軟剤でシワを防止!漂白剤で白さをアップさせよう!

洗濯中や脱水中に、他の衣類と絡まったり擦れたりしてしまうと生地を傷めてシワの原因になってしまいます。

ワイシャツに使用する洗剤は特に指定はありません。商品によって香りや効果が違うので、好みに合った洗剤を探してみるのも楽しいですね。
洗剤と合わせて漂白剤を使用すると、より仕上がりをきれいにすることができます。色落ちや生地の傷みを防ぐために取扱い絵表示を確認して使用できないタイプの漂白剤も確かめておきましょう。

漂白力が高い塩素系漂白剤は、染料まで落ちてしまう危険性もあります。酸素系漂白剤なら繊維を脱色してしまうことがないので、色柄物にはこちらを利用しましょう。

また、洗濯ジワの予防には柔軟剤が効果的。衣類の絡まりを防いでくれる効果のある柔軟剤なら着心地がふんわりするだけでなく、生地の傷みも抑えつつきれいに仕上げることができます。

ポイント3つ!コツを押さえて洗濯機で上手にワイシャツを洗おう

洗濯機でワイシャツを洗うときには、3つのコツを押さえるときれいに仕上げることができます。いずれもワイシャツをきれいに仕上げるポイントなので、洗濯機に入れる前にチェックしておきましょう。

詰め込みすぎには要注意!洗濯機の中身は7割程度に抑える

洗濯物の量は、洗濯機の容量の7割程度にすると生地を傷めずきれいに仕上げることができます。洗剤や漂白剤の種類や洗うものの素材によっては、一緒に洗えないものがあるので組み合わせにも配慮しておきましょう。

40度前後がベスト!水温が高いほど洗浄力はアップ

同じ洗剤を使う場合も、水温によって汚れを落とす力が異なります。40度前後のお湯で洗濯すると洗浄力をアップさせることができます。

ただし、水温が高いと色落ちもしやすいので、色柄物のシャツを洗うときには要注意。洗濯表示のマークのなかに表示されている数字は洗濯できる最高温度を表しているので、表示温度以下のお湯を使って洗うようにしましょう。

脱水ジワを卒業!脱水時間は短く設定して、ワイシャツに水分を残す

自宅での洗濯で一番シワの原因になるのが脱水の工程。脱水時にシワができるだけでなく、ワイシャツに水分がなくなった状態でハンガーに掛けると、シャツ自体の重さでシワを伸ばすことができないので、脱水時間は短めに設定するのがおすすめです。

脱水時間は15秒以上30秒未満がベスト。「え?そんな短くて大丈夫?」という声が聞こえてきそうですが、短いほうが生地への負担が少ないので、脱水のときには一番短い設定にして行うとよいでしょう。

干し方で仕上がりが変わる!ワイシャツを上手に干すコツ

干し方によっても、仕上がりには大きな差が出ます。 まず、脱水が終わったらすぐに取り出して干すのがポイント。入れっぱなしは洗濯ジワが目立つ原因になってしまうので、すぐに乾かすようにしましょう。

干すときには、太めのハンガーを使うと型崩れしにくくなります。 シャツをハンガーに掛け、大きなシワを手のひらで叩いて伸ばします。襟や袖などは部分ごとに引っ張って、丁寧に小ジワや形を整えましょう。

たとえ形態安定シャツであっても、縫い目はどうしてもシワになりやすい部分です。肩や胸ポケット、前立てなどは縫い目の方向に引っ張って整えるときれいに仕上がります。

ひと工夫で洗濯上手!さらに形態安定シャツならテクニックいらず

これから社会人になる方やスーツを着る機会が多いみなさん!洗濯のコツは掴んでもらえたでしょうか?
洗濯前の準備や干し方などで少し工夫を行えば、クリーニングに出さなくてもきれいに仕上げることができます。

少し形が崩れてきたと感じたときには、人の視線に触れやすい襟・ポケット・袖口の3か所にアイロンがけをすると、パリッと感を出すことができるので試してみてください。

アイロンがけが苦手だという方でも、形態安定シャツならハンガーに掛けておくだけでシワを伸ばすことができます。ケアに手間をかけたくないという方にもおすすめです。

RELATED NEWS 関連お知らせ

お知らせ一覧へ

スーツ・ビジネススーツ・紳士服のはるやま【公式通販】トップ