2018.01.11

働く女性の戦闘服!スーツ選びのポイントとおすすめ着回し術!

身だしなみにも応用力が試されるビジネスシーン。

働く女性としてはスーツの着こなしを通して、新入社員っぽさから脱却し自分らしさをアピールしたいところです。

そこで今回は、女性に向けておすすめのスーツスタイルをご紹介します。

スーツ選びのポイントを押さえよう!

就職活動や新卒のときと同じリクルートスーツは、フレッシュさはあるもののどうしても頼りない印象になってしまいます。デキる女性に見られるためには、スーツを上手に着こなして、こなれ感を演出したいものです。「脱リクルート」でスーツをかっこよく着こなすためには、どのようにすればよいのでしょうか?

働く女性に適したスーツはスカート?パンツ?

女性のスーツスタイルで最初に迷うのが、パンツにするかスカートにするかという点です。好みや何となくの雰囲気で選んでしまいがちですが、それぞれ相手に与える印象がまったく異なります。

フォーマルな場でも正装とされているスカートは、常識的で真面目な印象を与えてくれます。公務員や金融機関・医療関係などの誠実さが求められる職場で働いている方に適した失敗のないスタイルで、お客様を招いたイベントや商談でも好印象を与えることが可能です。同時に女性らしさやフレッシュさも演出できるので、華やかさが求められる販売や受付業務などでもイメージアップができます。

一方、動きやすいパンツスーツはアクティブでスマートな印象があります。頼もしい雰囲気を作ってくれるので、IT業界やベンチャー企業などの革新的な社風の企業、外出の多い営業職の方向きです。

女性がスーツを購入する際は、社風や与えたい印象を考えて選ぶようにしましょう。

2つボタンは卒業しよう!シングルワンボタンで脱リクルート

スーツスタイルで重要なポイントは、リクルートスーツに見えない着こなしをすることです。2つボタンのジャケットはベーシックでそつなくまとまる一方、リクルートスーツの王道ともいえるデザイン。頼りがいのある雰囲気を出したい女性にとっては、逆に着こなしが難しくなってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、定番のシングルワンボタンジャケットです。ワンボタンのジャケットは適度なカジュアルさを出すことができて、はつらつとした印象を与えることができます。

ボタンを開けて着ても決まるワンボタンのシングルテーラードジャケットなら、着回し力も抜群!ぺプラムジャケットや七分丈ジャケットなど、さりげないニュアンスにこだわれば、よりハイセンスに着こなすことができます。

季節感を表現しておしゃれ度アップ!スーツ選びの生命線は生地

スーツスタイルの印象を左右する決め手のひとつが素材です。同じブラックやネイビーのスーツでも、生地によって印象が異なります。

生地ごとに価格が異なるスーツを選ぶ際は、安っぽく見えてしまう生地を選ぶのはNG!ベーシックでオールシーズン活躍するウール素材もよいですが、季節ごとに違った生地を選んでみると上級者らしく見せられます。

季節感を表現できるツイードのジャケットは、秋冬におすすめの素材です。羽織るだけで一気にこなれ感を演出してくれます。そして、春夏の暖かいシーズンには、リネンやシアサッカーなどの軽やかな生地がおすすめです。爽やかでおしゃれ雰囲気に仕上げることができます。

そのほか、ポリエステル混の生地なら、シーズンを選ばずに着回せるため、使い勝手がよいです。発色をよくする効果があるので、同じ色でもよりはっきりとコントラストを表現してくれます。

シルクのような光沢のあるポンチジャージー生地は、シルエットをきれいに見せてくれるだけでなく着心地も抜群です。体にフィットする素材は動きやすいだけでなく、見た目もエレガントな着こなしをすることができます。

働く女性のスーツは、季節や素材も考えて選びましょう。

スーツスタイルはジャストサイズが基本!自分に合ったサイズを選ぼう

スーツをかっこよく着こなす基本は、自分の体に合ったサイズを選ぶことです。肩が合っていなかったり袖丈が余っていたりすると、一気にだらしなく見えてしまいます。袖丈以外にもジャケット丈やスカート丈もチェックしておきましょう。

肩幅は、肩のラインが自分の肩の位置にきちんと合うサイズを選ぶのがポイントです。背中に横ジワができてしまうようなら、サイズが小さい証拠。肩の幅も、細すぎたり余りすぎたりしないよう、きちんとチェックしてみてください。

袖丈は、まっすぐ立って手を下ろしたときに、手首にかかるくらいの長さが目安です。ウエストサイズは、少しだけ余裕を持たせる方が動いたときにもきれいに見えます。上品に着こなすためには、ウエストだけでなくお尻のサイズがきちんとあっているかどうかも確認しておきましょう。

また、バスト部分もしっかり確かめておきたいポイントです。ボタンを留めたときに横ジワが入ってしまうときれいな見た目になりません。試着するときは自分に合った下着を着て、全身をチェックしてみてくださいね。

スーツスタイルの印象はカラーで決まる!スーツの色選び

リクルートっぽく見せないためには、スーツのカラーにも注意が必要です。

ネイビーのスーツは、初心者におすすめのカラーで、ベーシックな白シャツや白のカットソーを選ぶと爽やかに決まります。上品な印象を与えたいときはスカート、かっちりとかっこよく決めたいときはパンツスタイルを選んでみてください。

ベージュやグレーも、派手になりすぎずにエレガントさが出せる着回しやすい色です。華やかな印象を与えてくれるので、接客業や営業の方に向いています。スキッパーシャツやシックなカラーのインナーと合わせると、明るい色でもぼんやりしたイメージになりません。

ブラックは使い勝手のよい色ですが、一歩間違うと新入社員っぽくなってしまうカラーです。インナーにはフレアシャツや柄物シャツなどデザイン性の高いものを組み合わせ、上級者らしさを演出しましょう。フォーマルな場面でも着回せるため、一着持っておくと便利です。

アレンジいろいろ!スーツスタイルは着回しを楽しもう!

スーツ選びが終わったら、次は着回しについて考えてみましょう。

こなれ感を出すために重要なのが着回し力です。インナーやスカートをひと工夫すれば、ビジネスでもおしゃれな着こなしが楽しめます。

例えば、ジャケットとセットアップになっていたものとは別のスカートを合わせるのもひとつの方法です。派手なアクセサリーを合わせなくても、アレンジの幅をぐっと広げることができます。

フレアスカートやタック入りのスカートなら、フォーマル感を残しつつシルエットに変化がつけられるので、「脱リクルート」に一役買ってくれます。スカートとインナーの色をそろえて組み合わせると、バラつきなくしっかりまとめることが可能です。

また、中のシャツを柄物に変えるだけでも、見た目の印象をガラッと変えられるのでおすすめ!襟付きのストライプシャツなら、ジャケットを脱いでもきりっとした印象に、ベーシックなニットセーターなら、爽やかなオフィスカジュアルを演出できます。

このほか、アンサンブルのカーディガンも優秀アイテムです。ジャケットがなくても決まるので、春や秋など気候の変化が激しいシーズンにも活躍してくれます。

スーツ選びは働く女性の第一歩!

リクルートスーツを卒業してこなれ感のあるスーツスタイルを楽しむためのポイントは、2つボタンのデザインは避けて、着こなしやすいワンボタンのジャケットを選ぶこと。生地やカラーにも注目しつつ、ジャストサイズのものを選ぶこと。そしてインナーやスカートのデザインを工夫して着回すことです。

スーツ選びは、働く女性のスタートライン。あなたもデキる女のスーツスタイルで、ビジネスでもおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか?

RELATED NEWS 関連お知らせ

お知らせ一覧へ

ビジネススーツ・スーツのはるやまオンライン【公式通販】トップ